特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

南アの新変異株 感染研「注目すべき変異株」に位置づけ監視を強化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新たな変異株が確認された南アフリカのヨハネスブルクで、マスクをしてショッピングセンターを歩く人たち=2021年11月26日、AP
新たな変異株が確認された南アフリカのヨハネスブルクで、マスクをしてショッピングセンターを歩く人たち=2021年11月26日、AP

 南アフリカで新たに確認された新型コロナウイルスの変異株について、国立感染症研究所は26日、「注目すべき変異株(VOI)」に位置づけ、監視を強化すると発表した。

 この変異株は「B・1・1・529」系統に分類。25日時点で、南アフリカで77例確認され、一部の州で感染が急拡大している。他にもボツワナなどで確認された。国内では検疫も含めて見つかっていない。

 感染研によると、ウイルスが細胞に感染する際の足がかりとなるスパイクたんぱく質に32カ所の変異がある。細胞への侵入のしやすさに関連する可能性がある変異もあるという。感染のしやすさや重症度、ワクチンや治療薬の効果への影響について「注視が必要」としている。

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文472文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集