手術ミスで左腎臓全摘 10分の1切除予定が…兵庫県立がんセンター

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
兵庫県明石市
兵庫県明石市

 兵庫県は26日、明石市の県立がんセンターで行った50代男性の手術で誤った部分を切除し、再手術で左腎臓を全摘出したと発表した。手術支援ロボット「ダヴィンチ」を使った執刀医が切除するがんの部位を確認しなかったためで、県は男性に損害賠償金を支払う方針。

 県によると、男性はステージⅠの腎臓がんと診断された。手術で…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

あわせて読みたい

ニュース特集