特捜部火災跡から変造捜査書類 東京地検、事務官を厳重注意処分

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京地検が入る庁舎=金寿英撮影
東京地検が入る庁舎=金寿英撮影

 東京都千代田区の東京地検特捜部の事務室で今年8月に発生した火災の焼け跡から、変造された捜査書類の一部が見つかっていたことが関係者への取材で判明した。地検が調べたところ、事務官が書類の変造を認めたため、内規に基づく厳重注意処分とした。不審火の疑いも含めて調査したが、検察幹部は「人為的な発火ではない」と放火の可能性を否定している。

 特捜部の事務室では今年7月16日午後11時ごろと8月12日午後3時40分ごろに火災が相次いで発生。7月の火元は複数の事務官が共同で作業する地検10階の部屋で、パソコンや電源タップなどが燃えた。スプリンクラーが作動し、計8フロアが浸水するなどの被害が出た。8月の火元は地検9階にある検事の個室で、出火から10分ほどで消火したが、書類などが燃えた。いずれも消防が出動した。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文766文字)

あわせて読みたい

ニュース特集