藤岡市 災害対応車を導入 避難所給電 悪路走破に疑問 /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
群馬県藤岡市が導入したプリウスPHV車2021年10月21日、佐藤伸撮影
群馬県藤岡市が導入したプリウスPHV車2021年10月21日、佐藤伸撮影

 藤岡市は、災害時に給電が可能なプラグインハイブリッド車(PHV)1台を導入した。災害時は停電した避難所や孤立集落などに出動し給電するというが、「走破性」という点で疑問もある。

 車種はトヨタ・プリウス。導入費用は約426万円。最大出力は1500ワットで、20ワットの照明と800ワットの電気ストーブ、600ワットの炊飯器の同時使用が可能という。給電可能時間は、EV給電モードの場合は約…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

あわせて読みたい

ニュース特集