次期テーマはエジプト 砂の美術館、来年7月を予定 鳥取 /鳥取

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大迫力の作品が並ぶ砂の美術館=鳥取市で2021年9月7日、望月靖祥撮影
大迫力の作品が並ぶ砂の美術館=鳥取市で2021年9月7日、望月靖祥撮影

 鳥取市は、砂像を専門とする世界で唯一の美術館「砂の美術館」(鳥取市福部町湯山)の次期展示テーマが「砂で世界旅行 エジプト編」に決まったと発表した。2022年7月上旬のリニューアルオープンを予定しており、現在の「チェコ&スロバキア編」は22年1月3日まで。

 スフィンクス像などの古代遺跡は砂像のモチーフに適しており、2…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

あわせて読みたい

ニュース特集