特集

立憲民主党

立憲民主党に関するページです。

特集一覧

立憲代表選、決選投票の公算大 4候補が混戦 30日に投開票

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
立憲民主党の代表選に立候補した(左から)逢坂誠二氏、小川淳也氏、泉健太氏、西村智奈美氏=いずれも東京都千代田区で2021年11月19日、幾島健太郎撮影
立憲民主党の代表選に立候補した(左から)逢坂誠二氏、小川淳也氏、泉健太氏、西村智奈美氏=いずれも東京都千代田区で2021年11月19日、幾島健太郎撮影

 立憲民主党代表選は30日に東京都内で開かれる臨時党大会で投開票され、新代表が選出される。逢坂誠二元首相補佐官(62)、小川淳也元総務政務官(50)、泉健太政調会長(47)、西村智奈美元副厚生労働相(54)の4候補が混戦となっており、決選投票となる公算が大きい。4氏は28日もそれぞれ党の再建策などを訴えた。

 逢坂氏は同日の党中堅・若手主催の討論会で「党の危機に、若く多様な人が代表になるのも大事だが、問題の本質は国民の信頼だ」と指摘。国民に身近な政策作りや、発信専門部署を党に新設する方針を掲げた。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文765文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集