MVP中村悠平捕手「山田哲人主将の下で日本一、幸せ」 ヤクルト優勝会見

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【オリックス-ヤクルト】ヤクルトが日本一となり、記者会見で笑顔を見せる高津臣吾監督=神戸市中央区で2021年11月28日、猪飼健史撮影
【オリックス-ヤクルト】ヤクルトが日本一となり、記者会見で笑顔を見せる高津臣吾監督=神戸市中央区で2021年11月28日、猪飼健史撮影

 プロ野球の「SMBC日本シリーズ2021」第6戦でオリックスを延長十二回の末に破り、2001年以来20年ぶり6度目の日本一に輝いたヤクルトの高津臣吾監督や、最高殊勲選手(MVP)に選ばれた中村悠平捕手らが28日未明、神戸市内のホテルで記者会見し、喜びを語った。

 会見での主なコメントは以下の通り。

高津臣吾監督「すごく疲れた」

 毎試合がすごく均衡した競ったゲームだったので、すごく疲れましたし、充実感でいっぱい。てっぺんを目指して、12球団で一番になる思いでシーズンを過ごしてきたので、その思いが達成できた。真剣勝負、力と力のぶつかり合いが、こういう大きな舞台で面白いゲームができたのかなと思う。我々は勝ち負けで評価されるし、そこを目指して毎日頑張っている。ファンの皆さんがどう評価してくださるかは別として、一生懸命頑張っている姿をお伝えできたのかなと思う。(ファンには)プロ野球を、真剣勝負を楽しんでいただけたらそれでいいと思う。

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1367文字)

あわせて読みたい

ニュース特集