特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

初戦敗退の前回Vホンダ 開田監督「難しい試合だった」 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【仙台市(JR東日本東北)-狭山市(ホンダ)】五回表仙台市2死満塁、打者安西のとき、押し出しの四球で得点を許し、険しい表情を見せる狭山市の2番手・有村(奥)=東京ドームで2021年11月28日、前田梨里子撮影
【仙台市(JR東日本東北)-狭山市(ホンダ)】五回表仙台市2死満塁、打者安西のとき、押し出しの四球で得点を許し、険しい表情を見せる狭山市の2番手・有村(奥)=東京ドームで2021年11月28日、前田梨里子撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は28日、東京ドームで開幕し、1回戦で2年ぶり27回目出場の仙台市・JR東日本東北が前年王者の狭山市・ホンダを5―3で降し、2回戦に進んだ。試合後のホンダ・開田成幸監督のコメントは以下の通り。

狭山市・開田成幸監督

 難しい試合だった。同点の七回、先に1点取られたのが勝敗を分けたポイント。勝ち越せていれば展開は違った。

 (先発の片山は)ここ1、2カ月、状態が上がらず、試合前から早めの継投を考えていた。(前回優勝で推薦出場のため)選手が成長できる予選が今年はなく、その辺の難しさはあったかなと思う。打線の状態は悪くはなかったが、チャンスでの1本が課題。初回に1点でも取っていれば展開も変わっていたと思う。(相手先発の竹本は)思ったより真っすぐが強く、高めのボール球の見極めが難しかった。(来季に向けて)投手は四死球が得…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文640文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集