特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

男子・洛南、女子・立命館宇治が優勝 近畿高校駅伝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子第72回近畿高校駅伝競走大会でスタートする選手ら=兵庫県南あわじ市で2021年11月28日、後藤奈緒撮影
男子第72回近畿高校駅伝競走大会でスタートする選手ら=兵庫県南あわじ市で2021年11月28日、後藤奈緒撮影

 男子第72回・女子第37回近畿高校駅伝競走大会(近畿高体連・近畿陸協など主催、毎日新聞社など後援)が28日、兵庫県南あわじ市であり、2府4県から男女各6校(開催地の兵庫は各10校、女子1校は出場辞退)が出場した。男子は洛南(京都)が首位を独走。4区の佐藤圭汰選手が区間新記録を出し、2時間2分43秒の大会新記録で4年連続5回目の優勝を果たした。女子は立命館宇治(京都)が1時間9分4秒で2年ぶり20回目の優勝を決めた。2位の大阪薫英女…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集