特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

NTT西・大原監督「苦しんだ分、勢いに乗る勝ち方」 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【小山市(エイジェック)-大阪市(NTT西日本)】九回裏大阪市1死満塁、サヨナラ打を放って喜ぶ野村=東京ドームで2021年11月28日、佐々木順一撮影
【小山市(エイジェック)-大阪市(NTT西日本)】九回裏大阪市1死満塁、サヨナラ打を放って喜ぶ野村=東京ドームで2021年11月28日、佐々木順一撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は28日、東京ドームで開幕し、1回戦で7年連続32回目出場の大阪市・NTT西日本が、初出場の小山市・エイジェックに2―1でサヨナラ勝ちし、2回戦に進んだ。試合後のNTT西日本・大原周作監督のコメントは以下の通り。

 投手陣の踏ん張りが勝利につながった。(サヨナラ打の)野村はプロ入りを控え、ここで決めたいという気持ちが強かった。

 小山市は好投手が多く、そんなに多くの得点は取れないと予想していた。九回までに逆転できればと考えていた。(先発の)浜崎は1点取られてから本調子に戻った。しっかり六回まで投げきってくれた。投手陣含めて守備のミスがなかったのが、逆転を呼び込んだ。1回戦は苦しんだ分、勢いに乗る勝ち方だった。次の対戦相手の対策をしながらもう一度良い準備をして次戦に臨みたい。応援を力に変えて、日本一を目指して頑張る。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文526文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集