特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

JR東東北・鈴木聖は読み切った 勝負分けた「連打」 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【仙台市(JR東日本東北)-狭山市(ホンダ)】七回表仙台市無死一塁、鈴木聖が2点本塁打を放つ=東京ドームで2021年11月28日、津村豊和撮影
【仙台市(JR東日本東北)-狭山市(ホンダ)】七回表仙台市無死一塁、鈴木聖が2点本塁打を放つ=東京ドームで2021年11月28日、津村豊和撮影

 第92回都市対抗野球大会は28日、東京ドームで開幕し、1回戦で2年ぶり27回目出場の仙台市・JR東日本東北が、前年王者の狭山市・ホンダを5―3で降した。

 勝敗を分けたのは、仙台市の打席での冷静な読みを生かした「連打」だった。仙台市が逆転された直後の五回。1死から2安打と当たっていた2番・大保優真が右前打で出塁すると、続く鈴木聖歩も初球を捉える左前打で好機を広げた。

 狭山市のバッテリーの考えはこうだった。捕手の辻野雄大は「相手はよく振ってくるので外を引っかけさせてゴロを打たせたかった」と狙いを明かす。しかし、仙台市の鈴木聖はその狙いを見透かすように「ボールからは入ってこないだろうという感じがあった。大保さんは足も速いし、インコースよりも外から来ると思った」と読んだ。その通り、読みも振りもドンピシャだった。続く打者は死球で好機を広げ、押し出し四球で追いついた。…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文936文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集