特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

監督の助言+冷静な選手=NTT西サヨナラ白星発進 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【小山市(エイジェック)-大阪市(NTT西日本)】九回裏大阪市1死満塁、野村がサヨナラ打を放つ=東京ドームで2021年11月28日、津村豊和撮影
【小山市(エイジェック)-大阪市(NTT西日本)】九回裏大阪市1死満塁、野村がサヨナラ打を放つ=東京ドームで2021年11月28日、津村豊和撮影

 第92回都市対抗野球大会は28日、東京ドームで開幕し、1回戦で7年連続32回目出場の大阪市・NTT西日本が、初出場の小山市・エイジェックに2―1で逆転サヨナラ勝ちを収めた。土壇場の逆転劇は、指揮官のひと声と打者の冷静な判断力から生まれた。

 1点を追う大阪市の九回の攻撃。1死二、三塁の好機をつくると、新人ながら2番に座る平良竜哉が右打席に入った。打ち気にはやりたくなる場面だが、「この1年間、選球眼を磨いてきた」という平良は外角のボール球をしっかり見極め、3ボール1ストライクから内寄りに甘く入った直球を強振した。

 打席に入る前、大原周作監督に言われた「コンパクトなスイング」を意識しつつ、「中途半端にボールを当てにいっても、良い結果は付いてこない」と持ち味である力強い打撃も忘れなかった。会心の一振りは、左前に弾む同点適時打となった。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文912文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集