移籍1年目の岡本春美、区間賞で6位入賞に貢献 クイーンズ駅伝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1区終盤、1位で走るヤマダホールディングス・岡本(右)と2位の資生堂・木村=宮城県塩釜市で2021年11月28日、西夏生撮影
1区終盤、1位で走るヤマダホールディングス・岡本(右)と2位の資生堂・木村=宮城県塩釜市で2021年11月28日、西夏生撮影

 「クイーンズ駅伝in宮城 第41回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」は28日、宮城県の松島町文化観光交流館前から仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台に至る6区間42・195キロで争われ、ヤマダホールディングスの1区・岡本春美(23)は区間賞の走りでチームの6位入賞に貢献した。

 資生堂・木村との一騎打ちで、残り200メートルを迎えた。「これは行ける」とスパートをかけ、そのままトップでつないだ。三井住友海上から移籍1年目で1区を任され、見事に区間賞を獲得。2年連続となる6位入賞への流れを築いた。「(1区に)オリンピック選…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文657文字)

あわせて読みたい

ニュース特集