特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

ドームに忘れ物、見せた念願の直球 西濃運輸・船迫大雅 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【君津市(日本製鉄かずさ)-大垣市(西濃運輸)】大垣市の先発・船迫=東京ドームで2021年11月28日、津村豊和撮影
【君津市(日本製鉄かずさ)-大垣市(西濃運輸)】大垣市の先発・船迫=東京ドームで2021年11月28日、津村豊和撮影

 第92回都市対抗野球大会は28日、東京ドームで開幕して1回戦が行われ、3年ぶり38回目出場の大垣市・西濃運輸は、3年ぶり13回目出場の君津市・日本製鉄かずさマジックに3―5で敗れた。大垣市の先発右腕は、昨年の「忘れ物」を取り返すため、東京ドームへ戻ってきた。

 初回から全開だった。大垣市の船迫大雅(ふなばさま・ひろまさ)は、右腕を目いっぱい振り、雄たけびをあげながらキレのある140キロ台後半の直球を投げ込んだ。相手打者が高めのボール球に手を出すほど威力抜群。スライダーも効果的に織り交ぜ、立ち上がりの3者連続を含み、五回までに8三振を奪った。三回にカウントを悪くしてソロ本塁打を浴びたが、チームを勢いづける投球だった。

 チームは前回大会の出場を逃した。横手からキレのある直球が武器の船迫は、名古屋市・東邦ガスの補強選手として1回戦の横浜市・ENEOS戦で登板機会を得た。救援として4点を追う八回2死二塁でマウンドに上がり、本来なら「自信のある直球を投げたかった」が、勝負に徹し、3連続でスライダーを投じて三振を奪った。試合には敗れ、船迫の登板はこの打者1人限り。それ以来、「東京ドームで思い切りストレートを投げたい」と…

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文1025文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集