連載

学びコンパス

毎日新聞デジタルの「学びコンパス」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

学びコンパス

受験生のワクチン接種 自治体や塾、優先枠

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
さいたま市は中学・高校受験を控えた子供を対象に新型コロナウイルスのワクチン接種を実施した=同市のさいたまスーパーアリーナで14日
さいたま市は中学・高校受験を控えた子供を対象に新型コロナウイルスのワクチン接種を実施した=同市のさいたまスーパーアリーナで14日

 <受験のトビラ juken no tobira>

 本格的な受験シーズンが迫ってきた。新型コロナウイルスの感染者数は減少傾向にあるものの、受験生は感染リスクと隣り合わせで試験に臨まねばならない。自治体や塾にはワクチン接種の優先枠を設ける動きもある。ただ、希望する受験生が少なく、ワクチンが余るケースもあるという。

 さいたま市の「さいたまスーパーアリーナ」で14日、中学・高校受験を控えた小学6年と中学3年の子供たちが2度目のワクチン接種を受けていた。「副反応で熱が出ることがあるかもしれないから、明日は安静にね」。接種後、看護師からそう説明された中学3年の男子生徒(14)は「受験があるので安心した。でも、熱が出て学校に行けなくなると勉強が遅れる。副反応が全くない友達もいたので、休まずにすめばいい」と少し困り顔…

この記事は有料記事です。

残り983文字(全文1339文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集