連載

たたなづく

映画監督の河瀬直美さんが時代や世界、人々のつながりに思いをはせます。

連載一覧

たたなづく

「リアル」と「虚構」の共存=河瀬直美

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ルオー礼拝堂を舞台に創作した映像投影作品。今回のプログラムは12月12日まで開催されている
ルオー礼拝堂を舞台に創作した映像投影作品。今回のプログラムは12月12日まで開催されている

 山梨県北杜市を舞台とした「HOKUTO ART PROGRAM ed.1」が、「自然を活(い)かした持続可能性」「アートとは何か」をテーマとして開催されるということで、清春芸術村の中にあるルオー礼拝堂を担当することになった。総合ディレクターの吉井仁実さんからは、「未来から見た過去」というお題をひとつ頂いた以外は、何をやってもいいと言われ、大海原に放り出されたように、自分を見つめながら、その創作に没頭した。

 礼拝堂の扉を開くと、静謐(せいひつ)な時間がそこには流れていて、心がスッと落ち着く。この感覚を来場者の皆様にも味わってもらいたいと思った。建築家の谷口吉生さんの設計した、小さな、それでいて深い時空を旅しているような礼拝堂の良さを最大限に生かしつつ、この土地や建物の記憶とコラボレーションすることにした。

この記事は有料記事です。

残り1310文字(全文1667文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集