解任は「クーデター」 山口FG前会長 東京で記者集め経営陣に反論

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
山口フィナンシャルグループ会長を解任され、記者会見する吉村猛氏(左)と元執行役員の渡部伸一氏=東京都中央区で2021年11月29日午後2時39分、大西岳彦撮影
山口フィナンシャルグループ会長を解任され、記者会見する吉村猛氏(左)と元執行役員の渡部伸一氏=東京都中央区で2021年11月29日午後2時39分、大西岳彦撮影

 山口銀行などを傘下に置く山口フィナンシャルグループ(FG)の吉村猛取締役(61)は29日、東京都内で毎日新聞などの取材に応じた。自身が6月に会長兼最高経営責任者(CEO)を事実上解任された件に触れ「意見聴取もなく、問答無用の闇討ち解任であり、違法なクーデターだ」と述べ、中立的な第三者委員会による再調査を求めた。

 吉村氏は社内合意を得ないまま新銀行事業を主導したなどとして、6月25日の定時株主総会後の臨時取締役会で会長兼CEOへの再任を否決された。会長解任後も取締役として山口FGに残っている。

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文840文字)

あわせて読みたい

ニュース特集