連載

和解のために 2021

毎日新聞デジタルの「和解のために 2021」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

和解のために 2021

日本にとって朝鮮半島とは何なのか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
李ライン侵入で韓国に抑留された漁船員の家族ら200人が自民党本部を訪れ、留守家族の窮状、帰還促進を訴えた。写真は中庭で関係閣僚の話を聞く韓国に抑留された漁船員の家族たち=東京都千代田区の自民党本部で1955年12月5日、東京本社写真部員撮影
李ライン侵入で韓国に抑留された漁船員の家族ら200人が自民党本部を訪れ、留守家族の窮状、帰還促進を訴えた。写真は中庭で関係閣僚の話を聞く韓国に抑留された漁船員の家族たち=東京都千代田区の自民党本部で1955年12月5日、東京本社写真部員撮影

 日韓の国交正常化は、植民地支配の清算よりも、日韓が経済協力を通じて反共陣営を強化することをもくろんだものだった。それゆえ、冷戦崩壊後に慰安婦や元徴用工の問題が浮上することになったが、封印されていたのは韓国側の屈辱ばかりではない。日本側には“文明化されていない”朝鮮半島への恐怖があったと韓国・世宗大の朴裕河(パク・ユハ)教授は指摘し、日本が朝鮮半島を他国との関係においてのみ位置づけきた歴史を振り返り、日本にとって朝鮮半島とは何なのかと問いかける。

 日韓協定(注:韓国では日韓基本条約および付随する諸協定のことを一般に日韓協定と呼ぶ)はサンフランシスコ講和条約の後、もはや「日本人」でなくなった…

この記事は有料記事です。

残り4718文字(全文5016文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集