ホンジュラス大統領選 左派野党カストロ氏優勢、与党アスフラ氏に差

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
シオマラ・カストロ氏(中央)=ホンジュラスで2021年11月28日、AP
シオマラ・カストロ氏(中央)=ホンジュラスで2021年11月28日、AP

 中米ホンジュラスで28日、フアン・エルナンデス大統領(53)の任期満了に伴う大統領選が投開票され、選挙管理当局によると、左派野党連合のシオマラ・カストロ氏(62)が、首都テグシガルパの市長で、与党の右派、国民党のナスリ・アスフラ氏(63)を20ポイント近くリードしている。

 選挙管理当局の集計によると、開票率40%の時点でカストロ氏の得票率は53・44%、アスフラ氏は34・03%。AP通信によると、投票率は68%を超えた。

 ホンジュラスの大統領選には決選投票がない。15人が立候補していたが、事前の世論調査でも両者が上位を争い、事実上の一騎打ちとなっていた。エルナンデス氏は出馬しなかった。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文722文字)

あわせて読みたい

ニュース特集