特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

廃部から復活、今度は「指揮官」 ミキハウス・陣田監督 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ミキハウスの陣田匡人監督=東京都千代田区で2021年10月23日、前田梨里子撮影
ミキハウスの陣田匡人監督=東京都千代田区で2021年10月23日、前田梨里子撮影

 第92回都市対抗野球大会で、16年ぶり2回目の出場となる近畿第2代表・ミキハウス(大阪府八尾市)は再生した企業チームだ。2005年に初出場した直後に廃部となり、3年前に復活した。21年6月から監督として指揮する陣田匡人さん(42)は05年、外野手としてスタメン出場したが初戦で敗退した。「廃部した時はミキハウスの一員として東京ドームに戻れる日が来るとは夢にも思わなかった。果たせなかった1勝をとにかく挙げたい」。12月1日の第2試合で東京ガス(東京都)との初戦に臨む。

入社4年目「寝耳に水」の廃部方針

 ミキハウス野球部は1995年に創部。当時は奈良県野球連盟に加盟して2度の日本選手権出場を果たしたが、会社の経営環境悪化で2004年11月に廃部の方針が決まった。津田学園高(三重)3年時にエースとしてセンバツに出場し、中京大を経て01年に入社した陣田さんは「寝耳に水だった」と振り返る。

 若手の主力は他チームに移籍し、残ったのは陣田さんら8人だけ。その年…

この記事は有料記事です。

残り1640文字(全文2068文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集