特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

若手引っ張る最年長31歳ベテランの味 大ガス・青柳 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
今年の日本選手権ホンダ戦で、九回裏無死満塁から代打でサヨナラの左翼線適時打を放つ大阪ガス・青柳匠選手=大阪市西区の京セラドーム大阪で2021年7月13日、猪飼健史撮影
今年の日本選手権ホンダ戦で、九回裏無死満塁から代打でサヨナラの左翼線適時打を放つ大阪ガス・青柳匠選手=大阪市西区の京セラドーム大阪で2021年7月13日、猪飼健史撮影

 今夏の日本選手権を制した大阪ガス(大阪市)は第92回都市対抗野球大会に近畿第1代表として臨む。青柳匠選手(31)は2018年にチームが優勝した際の主将で、個人としては補強選手を含めて9年連続の出場となる。夏はスタメンを外れることが多かったが、秋の都市対抗2次予選では打率5割を記録するなど好調。若手も多いチームを最年長選手として引っ張り、史上4チーム目の同一年度2大大会制覇を目指す。

個人としては9年連続出場

 岡山県出身。金光学園高(岡山)では甲子園出場経験はなかったが、東都大学リーグの名門・亜細亜大で活躍。主将を務めた4年生時は秋季リーグ戦で優勝し、二塁手でベストナインも獲得した。

 大阪ガスでは入社2年目から都市対抗に出場。堅実な守備やバットコントロールに優れ、17年の日本生命の補強選手を含め…

この記事は有料記事です。

残り1053文字(全文1404文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集