特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

JR東日本・浜岡監督「先発・山田はよく投げてくれた」 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大津町(ホンダ熊本)-東京都(JR東日本)】力投する東京都の先発・山田=東京ドームで2021年11月29日、滝川大貴撮影
【大津町(ホンダ熊本)-東京都(JR東日本)】力投する東京都の先発・山田=東京ドームで2021年11月29日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第2日の29日、東京ドームで1回戦があり、6年連続15回目出場の大津町・ホンダ熊本が、12年連続24回目出場の東京都・JR東日本を3―2で破り、2年連続で2回戦に進んだ。

 試合後のJR東日本・浜岡武明監督のコメントは以下の通り。

東京都・浜岡武明監督

 力負け。相手の勝負強さが上だった。先発の山田は予選からよく投げてくれた。最後に打線が援護しきれなかった。

 昨年の本大会で敗れた相手ともう一度戦えるのは運がいいと、挑戦者の気持ちで準備してきた。好機で得点を取り切れなかったのは、作戦的にも監督の責任。山田は厳しい予選を投げ抜き、プロ野球ドラフト会議で指名を受け、心身ともに充実して一皮むけた。(プロ野球の)厳しい世界でさらに精進し、JR東日本の名を背負ってほしい。(チームは)得点を取るべきところで取り、抑えるべきところは抑えるよう練習したい。

この記事は有料記事です。

残り139文字(全文540文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集