特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

ホンダ熊本トレーナー、意識改革促す3000字のリポート 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大津町(ホンダ熊本)-東京都(JR東日本)】ベンチで選手を見守る大津町のトレーナー・繁井孝之さん=2021年11月29日、津村豊和撮影
【大津町(ホンダ熊本)-東京都(JR東日本)】ベンチで選手を見守る大津町のトレーナー・繁井孝之さん=2021年11月29日、津村豊和撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)第2日の29日、ホンダ熊本(熊本県大津町)はJR東日本(東京都)と戦い、大会屈指の好投手を攻略して1回戦を突破した。6年連続15回目の出場だが、今季のチームは大味な試合運びが目立ち、出場に暗雲が垂れこめた時期もあった。そんな時に意識改革を促したのが、繁井孝之トレーナー(49)が記した3000字のリポートだった。タイトルは「できないことを、できないままにするな」――。

 ホンダ熊本は、プロ野球のドラフトで指名された相手投手から本塁打などで3点を奪った。得点には結びつかなかったが、犠打で走者を得点圏に進めてプレッシャーをかけた場面が2回あった。送りバントを確率の高い戦略として採用したところに、チームとして確かな成長の跡があった。

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1137文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集