特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

互いの持ち味、真っ向勝負 勝った持永健太朗の集中力 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大津町(ホンダ熊本)-東京都(JR東日本)】八回表大津町2死一、三塁、勝ち越し適時打を放った持永=2021年11月29日、津村豊和撮影
【大津町(ホンダ熊本)-東京都(JR東日本)】八回表大津町2死一、三塁、勝ち越し適時打を放った持永=2021年11月29日、津村豊和撮影

 第92回都市対抗野球大会第2日は29日、東京ドームで1回戦が行われ、6年連続15回目出場の大津町・ホンダ熊本が、12年連続24回目出場の東京都・JR東日本を3―2で破り、2年連続で2回戦に進んだ。

 大津町は、東京都の先発・山田龍聖を打ちあぐんでいた。直球は球威があり、分かっていても捉えられない。2―2で試合が足踏みしたまま八回を迎えた。

 2死一、三塁。打席に向かったのは大津町の代打の神様、持永健太朗だった。前回大会の初戦でも九回に同点打を放ち、チームの勝利へとつなげた実績を持つ。

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文748文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集