特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

宇和島東高出身、伯和ビクトリーズ・上甲が2本塁打 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【高知市(四国銀行)-東広島市(伯和ビクトリーズ)】六回裏東広島市2死一塁、上甲が2点本塁打を放つ=東京ドームで2021年11月29日、滝川大貴撮影
【高知市(四国銀行)-東広島市(伯和ビクトリーズ)】六回裏東広島市2死一塁、上甲が2点本塁打を放つ=東京ドームで2021年11月29日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球大会第2日は29日、東京ドームで1回戦が行われ、3年ぶり10回目出場の東広島市・伯和ビクトリーズが、2年連続20回目出場の高知市・四国銀行を6―0で降した。

 下位打線の伏兵が2本塁打4打点の大暴れで、東広島市が8強入りした2012年以来の本大会勝利をもたらした。中犠飛で先制点をたたき出し、迎えた四回の第2打席。8番上甲凌大は内寄りに甘く入った球を思い切りすくい上げると、高く舞い上がった打球は右翼席で弾んだ。続く六回の第3打席でも先ほどの打球を再現するような高い弾道で、右中間席にたたき込んだ。ベンチに戻ると、おどけたような…

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文777文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集