特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

日ハム・ドラ3の水野達稀、無安打 パンチ力は不発に 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【高知市(四国銀行)-東広島市(伯和ビクトリーズ)】六回表高知市2死、内野ゴロに倒れ悔しそうな水野=東京ドームで2021年11月29日、前田梨里子撮影
【高知市(四国銀行)-東広島市(伯和ビクトリーズ)】六回表高知市2死、内野ゴロに倒れ悔しそうな水野=東京ドームで2021年11月29日、前田梨里子撮影

 第92回都市対抗野球大会第2日は29日、東京ドームで1回戦が行われ、2年連続20回目出場の高知市・四国銀行は、3年ぶり10回目出場の東広島市・伯和ビクトリーズと対戦し、0―6で敗れた。

 高知市の3番に座った高卒3年目の水野達稀は3打数無安打に終わった。JR四国からの補強選手で、プロ野球・日本ハムにドラフト3位指名された。社会人としては最後の東京ドームは不完全燃焼に終わり「補強に呼んでもらったのに、力不足だった。1試合でも多くやりたかったので、悔いが残る」と声を落とした。

 東広島市の先発・佃勇典の速球とキレのある変化球に対応できず、一回の第1打席は空振り三振。「積極的に打ちに行く方針だったが、逆にチーム全体として淡泊になってしまった」。死球による出塁のみに終わった。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文819文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集