特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

伯和・田中友、見せつけた走塁の質 野手揺さぶり勝利 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【高知市(四国銀行)-東広島市(伯和ビクトリーズ)】三回裏東広島市1死一塁、田中友の右前打で三塁にヘッドスライディングする一塁走者・池田=東京ドームで2021年11月29日、佐々木順一撮影
【高知市(四国銀行)-東広島市(伯和ビクトリーズ)】三回裏東広島市1死一塁、田中友の右前打で三塁にヘッドスライディングする一塁走者・池田=東京ドームで2021年11月29日、佐々木順一撮影

 第92回都市対抗野球大会第2日は29日、東京ドームで1回戦があり、3年ぶり10回目出場の東広島市・伯和ビクトリーズが、2年連続20回目出場の高知市・四国銀行を降し、9年ぶりに2回戦に進んだ。

 10安打6得点で昨年8強の高知市を退けた、と試合を評すると、東広島市が強打のチームであるように聞こえるが、内山孝起監督は「本来、打てるチームではない」と言う。

 勝因は序盤の攻撃、突き詰めて言えば走塁だ。三回2死二塁。左打者の藤沢直樹が、中堅を守る真田一斗の一歩手前に落ちるライナー性の当たりを放つと、二塁走者の田中友博は迷わず三塁も蹴った。高いフライではなかったため、ギャンブルにも近い走塁に見えたが、結果としてショートバウンドした打球を真田が取り損ない(記録は中前打)、田中友は悠々と生還した。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文795文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集