新型コロナ 新しい宴会のカタチ 換気、3密回避、時短…感染対策徹底 山形市ホテル協が提案 /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルス感染防止策を盛り込んだ新しい宴会スタイルを体験する山形市ホテル協会の関係者ら=山形市で2021年11月29日、横田信行撮影
新型コロナウイルス感染防止策を盛り込んだ新しい宴会スタイルを体験する山形市ホテル協会の関係者ら=山形市で2021年11月29日、横田信行撮影

 忘年会シーズンの本格化を前に、山形市ホテル協会が29日、市内のホテルで新型コロナウイルス感染防止策を講じた新しい宴会スタイルの発表会を開いた。県内では新規感染者が確認されない日も増え、落ち着きを見せているが、宴会を自粛する傾向は依然根強く、換気や3密回避、時間短縮などの徹底で安心・安全を積極的にアピールして需要喚起を図る。【横田信行】

 協会加盟の6ホテルは、いずれも市中心部の大型施設で、パーティーや宴会が収益の柱の一つとなっている。特に、忘年会、新年会、歓送迎会と続くかき入れ時だが、協会役員によると、2020年よりは改善しているものの、予約の現状は例年の5割程度で厳しい状況だという。

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文776文字)

あわせて読みたい

ニュース特集