犯罪被害者への理解を 越谷で県民のつどい 幅広い世代参加 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アニメに込めた思いを語る尚美学園大の学生(左から2、3番目)。主人公の声を務めた声優の竹達彩奈さん(中央)も参加した=埼玉県越谷市のイオンレイクタウンで2021年11月27日、成澤隼人撮影
アニメに込めた思いを語る尚美学園大の学生(左から2、3番目)。主人公の声を務めた声優の竹達彩奈さん(中央)も参加した=埼玉県越谷市のイオンレイクタウンで2021年11月27日、成澤隼人撮影

 犯罪被害者週間(11月25日~12月1日)に合わせ、「県犯罪被害者支援県民のつどい」が27日、越谷市のイオンレイクタウンで開かれた。親子連れなど幅広い世代が犯罪被害への理解を深めた。

 尚美学園大(川越市)の学生がシナリオ制作や編集を手掛けた被害者支援のショートアニメーション「雲の上はいつも、晴れ」の上映会が行われた。とある事件で父親を亡くした女子高生がサッカー選手を目指しながら、心の苦しみを乗り越えてい…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

あわせて読みたい

ニュース特集