交通体系効率化へ協定 東京の2企業と MaaS推進の加賀市 /石川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都内の企業2社と連携協定を結んだ加賀市の宮元陸市長(中央)ら=加賀市役所で2021年11月29日午前11時24分、深尾昭寛撮影
東京都内の企業2社と連携協定を結んだ加賀市の宮元陸市長(中央)ら=加賀市役所で2021年11月29日午前11時24分、深尾昭寛撮影

 さまざまな交通手段を一体的に利用できるようにする「MaaS(マース)」の実現に取り組む加賀市は29日、東京都内の企業2社と連携協定を結んだ。市は2021年度中に市民向けのアプリの提供を始める予定で、連携協定を通じて、データを基に効率的な交通体系の構築に取り組んでいく。

 MaaSは、複数の公共交通やそれ以外の移動サービスを最適に組み合わせて検索や決済…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

あわせて読みたい

ニュース特集