連載

大和森林物語

毎日新聞デジタルの「大和森林物語」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

大和森林物語

/90 天然記念物の森/2 進化の生き証人お葉付きイチョウ /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 桜井市の音羽山観音寺への道は、想像以上にきつかった。山麓(さんろく)の駐車場から、約40分間急坂をひたすら上るのだ。ずっと森の中なので風音や水音が響き、修行している気分に浸れるかもしれないが……。

 ようやくたどりついた観音寺。石段を上り切ると、左手に梵鐘、右手に巨大なイチョウの木がある。樹齢600年と目されるこのイチョウが、今回のお目当てだ。これこそ「お葉付きイチョウ」と呼ばれる県の天然記念物なのである。

 「お葉付き」とは、扇形したイチョウの葉に直接ギンナンが付くもの。通常のギンナンは、枝から葉柄が伸びて、葉とは別にぶら下がるが、こちらは葉と融合したような状態だ。ただ葉は、その分大きく育たないようである。

この記事は有料記事です。

残り968文字(全文1275文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集