大相撲九州場所 阿炎戦、心に残った一番 照ノ富士、全勝Vを振り返る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大相撲九州場所千秋楽から一夜明けた29日、自身初の幕内全勝を達成した横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜部屋)がオンラインで記者会見した。この日が30歳の誕生日だった照ノ富士は15日間を振り返り、最も心に残った一番に優勝を決めた14日目の前頭・阿炎戦を挙げた。

 最終盤で番付を超えて横綱と平幕が対戦する「割崩し」となったが、照ノ富士は初顔合わせの阿炎について「ずっと相撲を見ていた。突っ張りがどんなもんなのか、やってみた…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

あわせて読みたい

ニュース特集