特集

立憲民主党

立憲民主党に関するページです。

特集一覧

与党、立憲と共産の選挙協力をけん制 泉健太新代表選出で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見する立憲民主党の新代表に選出された泉健太氏=東京都内のホテルで2021年11月30日午後4時27分、幾島健太郎撮影
記者会見する立憲民主党の新代表に選出された泉健太氏=東京都内のホテルで2021年11月30日午後4時27分、幾島健太郎撮影

 立憲民主党の新代表に泉健太政調会長が30日選出されたことを受け、与党内から共産党との選挙協力をけん制する声が上がった。衆院選は与党が勝利したが、来夏の参院選に向けて選挙協力への警戒感は根強い。

 自民党の茂木敏充幹事長は党本部で記者団に「国会で活発な議論を交わせることを楽しみにしている」と泉新代表の選出に祝意を表す一方、今後の立憲と共産の関係については「代表選を見ていても分かりにくかった」と指摘。「ぜひ明確にしてほしい」とくぎを刺した。

 10月の衆院選で立憲、共産両党は、立憲が政権を取った場合に共産が「限定的な閣外協力」をすることで合意し、選挙協力を行った。しかし、両党はいずれも公示前勢力から議席を減らし、泉氏は代表選で共産との関係を見直す可能性に言及した。公明党幹部は「これを機に関係を見直さないと立憲はなくなる」と指摘する。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文676文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集