日本一の路線バスで日本一広い村へ 奈良交通、泊まれば運賃無料

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
十津川村の「谷瀬のつり橋」近くを走る八木新宮特急バス=奈良交通提供
十津川村の「谷瀬のつり橋」近くを走る八木新宮特急バス=奈良交通提供

 日本一距離の長い路線バスに乗って日本一広い村・十津川に宿泊旅行に行けば、バス代は無料――。こんなキャンペーンを、奈良交通(奈良市)が29日から始めた。

 近鉄大和八木駅(橿原市)とJR新宮駅(和歌山県新宮市)を結ぶ「八木新宮特急バス」は路線の長さが169・8キロと、高速道路を使わない路線では日本一の走行距離を誇る。停留所は168を数え、沿線には十津川温泉や「谷瀬のつり橋」(十津川村)、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」など名所も多い。

 一方、十津川村は和歌山、三重両県に接し、面積が672・3平方キロと村としては日本一の広さを誇る。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文630文字)

あわせて読みたい

ニュース特集