習近平氏、アフリカにワクチン提供表明 新変異株で影響力拡大狙う

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため壁を消毒する男性=ジンバブエの首都ハラレで2021年11月29日、AP
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため壁を消毒する男性=ジンバブエの首都ハラレで2021年11月29日、AP

 中国の習近平国家主席は29日、西アフリカのセネガルで開幕した「中国アフリカ協力フォーラム」の閣僚級会議にオンライン形式で出席し演説した。習氏はアフリカ諸国に対し新型コロナウイルスワクチンを新たに10億回分提供することを表明。新型コロナの変異株オミクロン株が出現し各国が対応に追われる中、中国のお家芸である「ワクチン外交」でアフリカ諸国に存在感を示した。

 習氏は開会式の演説で、新たに提供する10億回分のワクチンについて、6億回分を無償提供、4億回分を中国企業とアフリカの関係国で共同生産すると明らかにした。医療従事者と公衆衛生の専門家計1500人の派遣も表明するなど、アフリカ重視の姿勢を強調した。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文800文字)

あわせて読みたい

ニュース特集