「パニック不要」 バイデン氏、新変異株で冷静な行動呼びかけ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 バイデン米大統領は29日、ホワイトハウスで演説し、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に関して「懸念材料ではあるが、パニックに陥る必要はない」と述べ、国民に冷静に行動するよう呼びかけた。当面の対策として、早期のワクチン接種や屋内の公共の場でのマスク着用を求めた。

 バイデン氏はオミクロン株は「遅かれ早かれ米国でも確認される」と明言。その上で、デルタ株など過去の変異株への対応と比較して「ワクチンや(追加の)ブースター接種、子供向けワクチンなど、以前よりも変異株と闘う手段が多い」と強調し、「この新たな変異株にも打ち勝つ」と宣言した。

 米国は29日にアフリカ南部8カ国からの外国人の入国を原則禁止する措置を始めた。バイデン氏は「オミクロン株の感染は防ぎきれないが、感染拡大の速度を遅らせ、ワクチン接種などの対応をとる猶予期間を作ることができる」と述べ、入国制限の判断の正当性を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文776文字)

あわせて読みたい

ニュース特集