特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

パウエル氏「オミクロン株、経済と雇用にリスク」 議会で証言へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
FRBのパウエル議長=2021年11月22日撮影、AP
FRBのパウエル議長=2021年11月22日撮影、AP

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は30日、議会上院の銀行委員会で新型コロナウイルス禍からの景気回復について証言する。事前に公表された冒頭発言によると、パウエル氏は、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について「経済と雇用に下振れリスクをもたらす」と指摘し、経済の先行きが一段と不透明になるとの認識を示した。

 パウエル氏は、オミクロン株について「感染の懸念が強まると、労働者が就業を敬遠し、(物価上昇要因である)製品供給網の混乱が強まる恐れがある」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文428文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集