愛子さま20歳で高まる注目 「皇族も生身」期待される役割とは

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
三の丸尚蔵館で収蔵品を鑑賞される天皇、皇后両陛下の長女愛子さま=皇居・三の丸尚蔵館で2021年11月22日(宮内庁提供)
三の丸尚蔵館で収蔵品を鑑賞される天皇、皇后両陛下の長女愛子さま=皇居・三の丸尚蔵館で2021年11月22日(宮内庁提供)

 天皇、皇后両陛下の長女愛子さまが1日、20歳の誕生日を迎えられた。現在は学習院大2年生で学業に多忙な日々を送るが、今後は成年皇族の一員として皇室行事や公務にも取り組む。高齢化や女性皇族の結婚で皇族数が先細るなか、愛子さまにはどんな役割が期待されるのか。皇室に詳しい専門家に見方を尋ねた。【聞き手・和田武士】

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文1934文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集