上野学園がコンサートホール売却 OBらが現状維持求め署名活動

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ゲーム会社に売却された石橋メモリアルホールの内部。中央奥のパイプオルガンは撤去される=東京都台東区で2010年4月20日(関係者提供)
ゲーム会社に売却された石橋メモリアルホールの内部。中央奥のパイプオルガンは撤去される=東京都台東区で2010年4月20日(関係者提供)

 「盲目のピアニスト」として知られる辻井伸行さん(33)らを輩出した音楽大学「上野学園大学」(東京都台東区)に併設されたコンサートホールがゲーム会社に売却され、12月の引き渡しを前に在校生や卒業生、教職員らがホールの現状維持を求める署名活動をしている。署名は開始から10日間で約7000筆に達し、11月29日には呼びかけ人らが、学園への指導を求める陳情書を末松信介文部科学相あてに提出した。

 売却されたのは「上野学園 石橋メモリアルホール」(508席)。2010年に完成し、東京のサントリーホールや米ロサンゼルスのウォルト・ディズニー・コンサート・ホールなど、国内外の著名な音楽ホールを数多く手がけた音響設計士・永田穂さん(1925~2018年)の最後の作品として知られている。クラシック専用ホールとして多くの演奏家に利用されてきたほか、上野学園大学や系列の同短大、上野学園中学・高校の教育…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1377文字)

あわせて読みたい

ニュース特集