特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

独自の検査模索、検体積極採取…オミクロン株確認で自治体危機感

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
すべての外国人の新規入国を原則禁止する措置が始まり、閑散とする国際線の到着ロビー周辺=成田空港で2021年11月30日午前9時58分、小川昌宏撮影
すべての外国人の新規入国を原則禁止する措置が始まり、閑散とする国際線の到着ロビー周辺=成田空港で2021年11月30日午前9時58分、小川昌宏撮影

 11月30日、ナミビアから日本に到着した男性が新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株に感染していたことが判明した。自治体では今、監視態勢強化に向けた取り組みが進む。

 オミクロン株を巡り、東京都は海外からの帰国者に対して独自のスクリーニング検査を実施できないか検討を進めている。都はデルタ株を含む「L452R変異」についてスクリーニング検査を実施してきたが、新規感染者の大半が置き換わったとして11月中旬以降は体制を縮小した。オミクロン株については、ゲノム(全遺伝情報)解析だけではなく、PCR検査で独自に検出する方法がないか検討を進めている。

 小池百合子知事は30日、報道陣に「新たな動きが出てくる恐れがある。国とも連携しながら(対策を)進める」と話した。都内では11月中旬以降、1日の新規感染者数が30人を切る日が続く。都の担当者は「これを維持するにはオミクロン株を抑えることが重要だ。一人一人が取る行動としては、これまでの感染対策の徹底をしていくことに変わりはない」と語った。

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1189文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集