特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

三菱重工East主将が気迫のプレー 再編の悩み乗り越え 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【名古屋市(東邦ガス)-横浜市(三菱重工East)】三回裏横浜市2死二塁、園田の適時二塁打で生還する江越海=東京ドームで2021年11月30日、津村豊和撮影
【名古屋市(東邦ガス)-横浜市(三菱重工East)】三回裏横浜市2死二塁、園田の適時二塁打で生還する江越海=東京ドームで2021年11月30日、津村豊和撮影

 第92回都市対抗野球大会は第3日の30日、東京ドームで1回戦があり、2年ぶり12回目出場の横浜市・三菱重工Eastは、5年連続15回目出場の名古屋市・東邦ガスに1―2で敗れた。今季、三菱重工名古屋、三菱重工広島を三菱パワーに統合・再編した横浜市。まとめ役として悩みながらチームを鼓舞してきた主将が真っ先に意地を見せた。

 序盤のヘッドスライディングに反撃の思いを込めた。2点を追いかける三回1死一塁で、打席に入ったのは主将の江越海地だ。1―1からの3球目でエンドランを仕掛けたが空振りし、一塁走者は二塁でタッチアウト。だが江越海の目に動揺はなかった。右翼線二塁打で好機を作ると、続く園田崇人の右前打で一気に本塁を狙い、頭から滑り込んだ。「がむしゃらにやっていて自然に出てしまった」。劣勢でも挽回できると鼓舞する1点だった…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文978文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集