特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

東邦ガス・山田監督「エースと4番がしっかり仕事」 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【名古屋市(東邦ガス)-横浜市(三菱重工East)】一回表名古屋市1死三塁、若林が右前適時打を放つ=東京ドームで2021年11月30日、前田梨里子撮影
【名古屋市(東邦ガス)-横浜市(三菱重工East)】一回表名古屋市1死三塁、若林が右前適時打を放つ=東京ドームで2021年11月30日、前田梨里子撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第3日の30日、東京ドームで1回戦があり、5年連続15回目出場の名古屋市・東邦ガスが、2年ぶり12回目出場の横浜市・三菱重工Eastを2―1で降し、2回戦に進んだ。試合後の東邦ガス・山田勝司監督のコメントは以下の通り。

   ◇

 予想通りの試合展開で、エースと4番がしっかり仕事をしてくれた。初回にたたみかけられたのが大きかった。

 (7年ぶりに)1勝するまで苦労したので、うれしい。入りが難しい中で、しっかり点をとって、先発の辻本が良い形で入れるようにできた。(六回2死二塁で継投し)本音はピンチは辻本でと思ったが、それまでの打席で、小柳が(辻本に)タイミングがあっているというイメージがあったので(松本に)交代した。2人とも信頼している投手。順番は分からないが、次も良い投球ができるよう、しっかり準備したい。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文521文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集