特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

ENEOSが2回戦へ JR東海降し、大会101勝目 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【名古屋市(JR東海)-横浜市(ENEOS)】力投する横浜市の先発・関根=東京ドームで2021年11月30日、前田梨里子撮影
【名古屋市(JR東海)-横浜市(ENEOS)】力投する横浜市の先発・関根=東京ドームで2021年11月30日、前田梨里子撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第3日の30日、東京ドームで1回戦があり、2年連続51回目出場の横浜市・ENEOSが、2年ぶり30回目出場の名古屋市・JR東海を2―0で降し、2回戦に進んだ。横浜市は昨年に大会史上初の通算100勝を達成し、自らの記録を更新する101勝目を挙げた。

 横浜市が大技、小技を絡めた攻撃で接戦を制した。一回、金子の中前打などで得た2死三塁の好機で、吉田が中前適時打を放ち先制。四回には度会の右越え本塁打で加点した。投げては関根、加藤の継投で零封。名古屋市は打線がつながらず散発4安打。8安打を浴びながら継投リレーで粘投した投手陣を援護できなかった。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文437文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集