特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

“再戦”制した日立製作所 要因は「先取点」 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日立市(日立製作所)-浜松市(ヤマハ)】五回表日立市2死三塁、豊田が2点本塁打を放つ=東京ドームで2021年11月30日、津村豊和撮影
【日立市(日立製作所)-浜松市(ヤマハ)】五回表日立市2死三塁、豊田が2点本塁打を放つ=東京ドームで2021年11月30日、津村豊和撮影

 第92回都市対抗野球大会第3日は30日、東京ドームで1回戦が行われ、3年連続39回出場の日立市・日立製作所が3年連続42回出場の浜松市・ヤマハに4―0で零封勝ちした。

 運命のいたずらなのか、必然なのか。日立市―浜松市は前回大会1回戦と全く同じ顔合わせだ。昨年は浜松市が9―0で大勝している。日立市雪辱の要因は「先取点」だろう。先取を巡る舞台裏を探った。

 一回無死一、二塁。絶好の先制機で3番・大塚直人に打席が回ってきた。だが、この場面では浜松市先発の九谷青孝(はるたか)が投じた外角の変化球に手を出し、併殺打に打ち取られてしまう。九谷は「狙い通りのゲッツー」と、してやったりの表情を浮かべた。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文823文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集