旧大沼山形本店 袖看板が撤去 通行人ら名残惜しむ /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
旧大沼山形本店から取り外されクレーン車で下ろされる袖看板=山形市で2021年11月30日午前0時49分、横田信行撮影
旧大沼山形本店から取り外されクレーン車で下ろされる袖看板=山形市で2021年11月30日午前0時49分、横田信行撮影

 2020年1月に経営破綻した百貨店・旧大沼山形本店(山形市七日町1)で11月29日夜から30日未明にかけ、建物前の国道112号を通行止めにして袖看板が撤去された。

 看板は1994年に設置された高さ約12メートル、幅約1・8メートルの金属製。老朽化による落下の恐れがあり、市などが撤去を決めた。県内唯…

この記事は有料記事です。

残り79文字(全文229文字)

あわせて読みたい

ニュース特集