連載

ひとinぐんま

毎日新聞デジタルの「ひとinぐんま」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ひとinぐんま

「大物猟倶楽部 鹿鳴会」代表 長壁博貴さん(50) 獲物より安全が大事 /群馬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
長壁博貴さん=群馬県高崎市吉井町で2021年11月21日、菊池陽南子撮影
長壁博貴さん=群馬県高崎市吉井町で2021年11月21日、菊池陽南子撮影

 2021年度の狩猟が解禁されて間もない11月21日早朝。高崎市吉井町の山で、夜明けとともに狩猟グループ「大物猟倶楽部(くらぶ) 鹿鳴会」のメンバーによる「巻き狩り猟」が始まった。猟犬を放し、獲物を逃げ道に追い込む手法で、この日はニホンジカ2頭を仕留めた。

 「狩猟のことは全部山に教えてもらった。この山は俺の庭だよ」。山の斜面には「ウツ」と呼ばれる獣道が通っており、目を凝らすと、足跡のようなくぼみがあった。現場ではウツに残った足跡などを手がかりに、獲物の種類や性別、頭数を把握するという。

 物心ついた頃には猟師の父に連れられ、山を歩いていた。20歳で狩猟免許を取得し、猟師歴は30年になる。高崎市吉井町を猟場としていた父の狩猟グループや南牧村の別のグループで経験を積み、父の死を機に5年ほど前から吉井町のグループの「親方」になった。

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文1086文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集