「未来を奏でる教室」 作曲家・三枝成彰さん、音楽の歴史伝える 甲府・北新小の児童参加 /山梨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
児童らに楽譜の大切さを理解させるための「伝言ゲーム」をする三枝さん(奥左)=甲府市の市立北新小で2021年11月30日、照山哲史撮影
児童らに楽譜の大切さを理解させるための「伝言ゲーム」をする三枝さん(奥左)=甲府市の市立北新小で2021年11月30日、照山哲史撮影

 作曲家の三枝成彰さんが子どもたちに音楽を楽しんでもらおうと行っている「未来を奏でる教室」が30日、甲府市の市立北新小学校で行われた。5、6年生の児童約60人が、音楽の特徴や歴史などを学んだ。

 三枝さんは、クラシック音楽の「クラシック」の意味は、古典的なものではなく、最高水準だと説明。音楽の歴史を振り返り、西洋と日本の音楽の違いを実際…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

あわせて読みたい

ニュース特集