耕作放棄地、自動検出 名古屋市など AI活用し実証実験 /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 名古屋市などは、AI(人工知能)を活用して衛星データを解析し、耕作放棄地を自動検出するアプリを使った実証実験を開始した。11月25日から来年3月31日まで行う。現在、耕作放棄地の確認は、農業委員が目視で行っており、AI導入が実現すれば大幅な負担軽減が期待される。

 耕作放棄地とは、1年以上作物が作られておらず、耕作を再開する見込みのない土地を指す。雑草の繁茂、害虫などの発生要因などになるため…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

あわせて読みたい

ニュース特集