特集

日本製鉄東海REX|都市対抗野球2021

社会人野球の頂点を決める第92回都市対抗野球大会に出場する日本製鉄東海REXの紹介です。

特集一覧

第92回都市対抗野球

東邦ガス、競り勝つ/JR東海、本塁遠く /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東邦ガス-三菱重工East】力投する東邦ガスの先発・辻本=東京ドームで2021年11月30日、手塚耕一郎撮影
【東邦ガス-三菱重工East】力投する東邦ガスの先発・辻本=東京ドームで2021年11月30日、手塚耕一郎撮影

東邦ガス、競り勝つ 初戦突破、若林が決勝打

 社会人野球の第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は30日、東京ドームで1回戦が行われ、県勢の東邦ガス(名古屋市)は、三菱重工East(横浜市)に2―1で競り勝ち、第85回大会(2014年)以来7年ぶりの初戦突破を果たした。JR東海(名古屋市)は、ENEOS(横浜市)に0―2で惜敗した。東邦ガスは12月4日に日立製作所(日立市)と対戦する。【森野俊】

 東邦ガスは、一回から相手左腕の立ち上がりを攻めた。2番・虎谷が単打で出塁すると、続く比嘉が左越えの二塁打で1死二、三塁としプレッシャーをかける。相手投手の暴投を誘って先取点を奪うと、4番・若林が外角の変化球をうまくさばいて右前適時打とし、2点目を奪った。終わってみればチーム合計10安打。投げてはエース右腕・辻本が140キロ台前半の直球やチェンジアップをコーナーに集め、六回途中1失点。六回2死二塁…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文732文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集