宇宙でのたんぱく質結晶生成 柳川高で試料作り 微重力下の変化観察 今月下旬打ち上げ /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
宇宙ステーションでのたんぱく質結晶生成実験の試料作りに取り組む柳川高生徒ら
宇宙ステーションでのたんぱく質結晶生成実験の試料作りに取り組む柳川高生徒ら

 柳川市の私立柳川高は30日、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」の運営に携わる有人宇宙システム社(東京)などの協力で、きぼうにたんぱく質を届け、約1カ月、微重力下に置いて変化を知る「宇宙での結晶生成実験」の試料作りの授業をした。

 同高は「2030年度までに宇宙修学旅行を実現する」との目標を打ち出し、宇宙を学ぶ教育を始めている。その一環で同社が展開するたんぱく質結晶生成サービスを授業に取り入れた。興味を持つ1、2年生18人が受講し、こうじ菌か…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文565文字)

あわせて読みたい

ニュース特集